株式会社林農園 【長野県】

長野県のワイナリーの自社農園の多くは4つの大きな盆地、長野盆地、佐久盆地、松本盆地、伊那盆地の辺緑部に位置しています。長野盆地の高山村では、千曲川に流れ込む松川などの支流が形成した扇状地に、80年代末以降、垣根仕立てのブドウ園が急増中。まさに新興のワイン用ブドウ産地です。
北アルプスに囲まれ松本平と木曽谷にはさまれ、冷涼で雨が少なく乾燥した奈良井川右岸地域は桔梗ヶ原と呼ばれております。五一わいんはこの桔梗ヶ原にワイナリーと7haの自社畑があります。
『良いワインづくりは良いぶどう作りから』をモットーに、低農薬、有機肥料のみの草生栽培とし垣根、棚、ポット栽培などさまざまな栽培方法に取り組んでいます。特に棚栽培では林スマート仕立てと呼ばれる仕立てを、日本で最初に実践導入し棚栽培における飛躍的なぶどうの品質向上に成功しました。


五一わいん 氷果の雫
(ごいちわいん ひょうかのしずく)

ワイン
商品名 五一わいん
氷果の雫
分 類 国産ワイン (白)
原材料 ぶどう(ナイアガラ)
タイプ 極甘口
アルコール度数  -
容量・容器
税抜価格
375ml瓶 1,200円(外税)
古くからナイアガラを生産する塩尻地区の完熟ナイアガラを凍結し、その氷結した果実〈氷果〉をじっくりじっくり搾りました。氷果からは、蜂蜜のように甘い、濃厚で芳醇な果汁が得られます。ナイアガラの華やかな香りとトロリとした口当りの甘美な味わい“氷果の雫”は、黄金色の一滴一滴から生まれます。


  その他、林農園の取扱商品については、お取り寄せいたします。


上記商品に関するお問い合わせは、こちらをクリックしてください。
 



 







© 2012 Motohra Co.,Ltd.